You are here

最適な電力プランの選び方とは?

最適な電力プランの選び方とは

ライフスタイルに合った電力プランを選ぶだけで、簡単に月々の電気代を節約できることをご存知でしたか? 電力プランを見直して、賢く節約しましょう。

電力プランは選べます!

東日本大震災で原子力発電所が稼動停止して電気料金の値上げが相次いだことをきっかけに、電力会社は時間帯や曜日によってお得になる電力プランを提示しました。特定のプランが全ての家庭にとってお得であるわけではありませんが、自身のライフスタイルに合った電力プランを選ぶことで電気代を節約できるようになりました。

電力プランによっては、新規加入の募集を打ち切ることがあります。 電力プランを変更する機会を逃さないように注意しましょう。

 

それぞれの電力プランの特徴は?

電球

電力会社が提供する電力プランを、分類別に解説していきます。電力会社によって提供しているプランの種類や、プランの名前や料金は異なるため、詳しくは各電力会社にお問い合わせください。

  1. 従量電灯プラン
  2. 時間帯別プラン
  3. 曜日別プラン
  4. ピークシフトプラン

 

従量電灯プラン

多くの家庭が加入している、基本的なプランです。全ての電力会社が提供しており、
使用した電気に応じて発生する料金(電気量料金)は、曜日や時間帯に左右されることなく一定です。
また、基本料金が他のプランより安いことが特徴です。

  • こんな人にお得!
  • 時間帯によって、使う電気の量が変わらない。
  • 平日と週末によって、使う電気の量が変わらない。
  • 使う電気の量があまり多くない。

時間帯別プラン

時間帯によって、使用電気の料金が変化するプランです。種類によって、夜間(午後9時-午前5時)や朝(午前1時-9時)の時間帯の料金単価がお得になる一方で、それ以外の時間帯の料金は割高になります。日中、あまり電気を使わない人にお得です。

  • こんな人にお得!
  • 日中、あまり家にいない。
  • 朝/夜にまとめて家事を済ませている。
  • 早起き、もしくは夜型。

曜日別プラン

曜日によって、使用電気の料金が変化するプランです。主に週末(土曜、日曜)の料金単価が割安になる一方で、平日の料金が割高になります。週末に電気を多く使う人がお得になります。

  • こんな人にお得!
  • 平日はあまり家にいない
  • 週末は家で過ごすことが多い。
  • 家事を週末にまとめて済ませている

ピークシフトプラン

夏季の電力消費のピーク時間(通常、午後1-4時)の使用を避けることで、電気料金がお得になるプランです。夏季のピーク料金が高く設定されている一方、夜間料金が安くなっています。昼間料金は標準的です。

  • こんな人にお得!
  • 平日はあまり家にいない
  • 週末は家で過ごすことが多い。
  • 家事を週末にまとめて済ませている
kaki

夏季の時間帯ごとの料金設定。ピークの時間帯である13-16時の料金が最も高くなっています。

sonata

その他時期の、時間帯ごとの料金設定。通常の時間帯別プランに似ています。

 

あなたに最適な電力プランは?

各電力プランの特徴を理解して、どれがあなたのライフスタイルに最も適しているかを考えてみましょう。ただし、プラン毎によって基本料金が異なるため、世帯人数や消費電力量によってもプランが変わります。世帯人数が少なかったり消費電力量が少ない場合、ライフスタイルに関わらず基本料金が安い従量電灯プランの方がお得な場合があります、確認してみましょう。

最適な電力会社を選べる時代の到来
今回の記事では、最適な電力プランの紹介をしてきましたが、2016年4月の電力自由化により、電力プランのみならず電力会社も自由に選べるようになります。どの電力会社からでも電気を買えるようになり、消費者の選択肢はさらに広がります。電力会社ごとのプランを比較して、どれが最適か見極めましょう。