You are here

引っ越し時に必要な:電気・ガス・水道手続きガイド

引っ越しが決まったら、各種引っ越し手続きをお忘れなく!引っ越しするときに必ずやらなくてはいけない、電気・ガス・水道の手続きについてまとめました。

引っ越し時に必要な電気ガス水道手続きガイド
  • 電気・ガス・水道の引っ越しには「使用停止」「使用開始」2つの手続きが必要!
  • 新居でガスを使うにはガス会社係員の訪問による開栓作業が必須!
  • 電気・ガス・水道の引っ越しにまつわる手続きが一括でできる便利サイトも!

引っ越し時に必要な手続きとは?

引っ越しをする際には、市区町村の役所での手続きはもちろん、家庭生活にまつわるインフラの手続きも必要になります。

ここでは、暮らしに欠かせない電気・ガス・水道の引っ越し時に必要な手続きについてまとめました。

新生活をスムーズにはじめるため、計画的に引っ越しの手続きに取り組みましょう!

電気の引っ越し手続き

電気の引っ越しをするには、現住居の「電気の使用停止」と新居の「電気の使用開始」という2種類の手続きが必要です。

引っ越し後も現在と同じ電力会社を利用するのであれば、忘れずに上記2つの手続きを同時に申し込みましょう。

電力会社への手続きは、ホームページ、コールセンター、窓口などで申し込むことができます。引っ越し日の1週間くらい前までに済ませておくと安心です。

大手電力会社10社の引っ越しの手続き詳細については、こちらをご覧ください。

一方、電力自由化で、引っ越しをきっかけに新しい電力会社を切り替える人も多くなっています。新居で新しい電力会社の電気を利用したい場合は、引っ越し当日までに十分な余裕を持って、少なくとも2週間前までに新規契約の手続きを済ませておくことをおすすめします。

万が一、「電気の使用停止」の手続きをしないまま引っ越しをしてしまうと、引っ越し後も引き続き電気料金の支払いが発生してしまうので要注意です。

では、もしも引っ越し当日までに「電気の使用開始」の手続きをしていなかった場合は、一体どうなるのでしょうか?

実は、使えないケースもあります。引っ越し先の電力メーターがスマートメーターの場合、電気の契約をしないと電気はつきませんので気をつけてください。電力会社へ「電気の使用開始」は必ずしなければなりませんので、​引っ越しの手続きは忘れないうちに申し込みしましょう!

ガスの引っ越し手続き

引っ越しをする際、退去日付けで「ガスの使用停止」の手続きをしておく必要があるのは、ガスも電気と同様です。

ただし、入居日からすぐ新居でガス給湯器やガス調理器などを利用するつもりであれば、電気とは異なり、引っ越し前に必ず「ガスの使用開始」の手続きを完了しておかなければなりません!

家庭でガスを使うには、ガス会社の係員訪問による点火の確認試験・使用するガス機器すべての適合性検査など、開栓作業を行う必要があるからです。

ガスの引っ越しが決まったら、まずは「ガスの使用開始」を一番に手続きして、ガス係員訪問の予約を取りましょう!

ちなみに、電力自由化に続いて、2017年4月にはガス自由化が決まっています。ガス自由化後は、引っ越しをきっかけにしてガス会社の切り替えをする人も増えそうですね。

水道の引っ越し手続き

家庭で使用する水道水も、やはり引っ越しの際には「水道の使用停止」と「水道の使用開始」という2つの手続きを水道局へ申し込む必要があります。

ただし、水道の使用開始にはガスのような係員による開栓作業は不要のため、引っ越し日の1週間ほど前を目安にそれぞれの手続きをしましょう。

手続きの申し込み方法は、各地域の水道局や給水方式によって異なるのでご確認ください。

引っ越し手続きを一括で!「引越しれんらく帳」

東京電力エナジーパートナーが運営する無料サイト「引越しれんらく帳」では、電気・ガス・水道、さらにクレジットカードなどの引っ越しにまつわる手続きを一括で行うことができます!

契約している電力会社・ガス会社・水道局が対応しているかどうか、確認してみてはいかがでしょうか?