You are here

よく聞く従量電灯ってどんな電気料金プランなの?

電気料金プラン探しでよく耳にする、従量電灯プランとは?従量電灯プランの定義、種類、そして電気料金の計算方法についてあらためて紹介します!

よく聞く従量電灯プランってどんな料金プランなの?
  • 従量電灯プランはスタンダードな家庭向け料金プランで、電気の使用量にあわせて2種類!
  • 従量電灯プランの電気料金をより安くするためには、1kWh(キロワットアワー)あたりの料金単価に注目!

従量電灯プランってどんな料金プラン?

よく耳にすることが多い、従量電灯プランとは一体どんな電気料金プランのことか、みなさんご存知ですか?

2016年4月の電力自由化以降、新しい電力事業者、そして既存の大手電力会社が、続々と新しい電気料金プランを発表しています。

従量電灯プランは、電力自由化以前からある一番スタンダードな電気料金プランであり、現在、新たに登場しているさまざまな電気料金プランの多くの基準となっているのもです。

つまり、電力自由化でよりおトクな電気料金プランへの乗り換えを検討しているなら、まずは従量電灯プランについてよく理解しておかなければなりません。

契約者数が多いのに、実ははっきり知られていない部分もある従量電灯プランについて、イチからわかりやすくご説明します!

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

一般家庭向け従量電灯プランは2種類ずつ

電力会社の一般家庭向け従量電灯プランには、電気の使用量に応じて2種類に分けられています。

つまり、ひとり暮らしや核家族など電気をあまり使わない家庭向けプラン、そして2世帯での同居や小さな商店など電気をたくさん使う家庭向けプランがあります。

ただし、住んでいる地域によって、その従量電灯プランの種類は異なり、料金のシステムが違います。

電気料金プランの基本料金が、家庭に設置されているブレーカーの容量(契約アンペア数)によって決まる、東日本・九州では従量電灯プランBおよびCの2種類。

一方、関西・中国・四国・沖縄の西日本4地域では家庭にブレーカーが設置されておらず、基本料金の代わりに最低料金が用いられる従量電灯プランAおよびBの2種類となっています。

従量電灯プランの電気料金の計算方法

従量とは「使用量に応じて課税・課金する方式」のことですが、従量電灯プランは、その名の通り、毎月の電気料金が「電気の使用量」によって決まる電気料金プランです。

従量電灯プランの電気料金の計算方法 基本料金(または最低料金)+ 電力量料金(1kWhあたりの料金 × 電気の使用量)

ただし、いくら電気の使用量に気をつけても、1kWh(キロワットアワー)あたりの料金単価が高い料金プランを契約しているままでは、大幅な電気料金の節約にはつながらないのが従量電灯プラン

つまり、現在契約している従量電灯プランよりもおトクな電気料金プランに乗り換えるためには、1kWh(キロワットアワー)あたりの料金単価に注目して料金プランを選びましょう!

ちなみに、東燃ゼネラルのmyでんき まとめて300/400/500プランなど、従量電灯プランとは逆に、毎月の電気料金が一定で変動しない「定額」の料金プランも電力自由化によって新しく登場してきています。電気の使用量が多い家庭は検討してみては?