You are here

消費電力量(kWh:キロワットアワー)とは?電気代節約のコツは?

「kWh」はキロワットアワーと読みます。電気料金表などで目にすることがこのkWhとはなんでしょうか。消費電力量と電気代の節約のコツも合わせて解説します。

スマート契約
  • キロワットアワー(kWh)とは、消費した電気の量の事で、毎月の電気料金もkWhを元に計算されています。
  • 1kWhあたりの電気料金を安いプランを選ぶと、電気料金の節約につながります。

kWh(キロワットアワー)は電気料金に使われる

kWhとはなんでしょうか?kWh(キロワットアワー)はずばり、電気料金に使用されている単位です。

どこの電力会社のどの電気料金であっても、このkWh(キロワットアワー)が電気料金の単位として使用されています。1kWh(キロワットアワー)あたり、いくら、というように決められています。

具体的に、実際の料金を見てみましょう。どこの電力会社の料金表でもいいのですが、こちらでは関西電力:従量電灯プランAをみてみましょう。

以下の料金表で見えるように、電気の使用量に応じて電気料金(1kWhあたりの値段)が設定されています。

関西電力-従量電灯A-電力量料金
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段(円)(税込)
  -  kWh  
  -  kWh  
 kWh以上  

つまり電気料金を下げたい場合は、この1kWhあたりの値段がキーポイントになることが分かります。

kWh(キロワットアワー)は電気の使用量に使われる

消費電力量(kWh:キロワットアワー)とは?電気代節約のコツは?

キロワットアワー(kWh)とは?kWhを理解するのは決して難しくありません。

そしてこの使用量はご存知の通り、電力メーターが 測定しています。最近はスマートメーターと呼ばれる新しいタイプの電力メーターの導入がすすんでいます。

いずれにしても各契約者の家にとりつけられている電力メーターが、あなたの使用する電気の量をkWh(キロワットアワー)という単位を使用して測定しています。

電力会社から届けれる検針票をみると、その月に使用した電気の総量が、XXXkWh(キロワットアワー)と記載されているのが分かります。

このようにあなたが使用した電気の量はkWh(キロワットアワー)という単位で管理されているのです。

どうやって電気の使用量(kWh)は決まるの?

それではどうやって、電気の使用量は決まるのでしょうか?

電気の使用量(kWh)は、使用する電化製品の消費電力と使用する時間で決まります。

消費電力量(kWh:キロワットアワー)とは?電気代節約のコツは?

電化製品には、必ず「消費電力(W)」が仕様書やカタログに記載されています。

1. 電化製品の消費電力

電化製品の消費電力は各電化製品によって異なります。

電灯の明かりをつけるために必要な電力とエアコンを使うために必要な電力は異なります。

また仕様やサイズによっても異なります。6畳用部屋のエアコンと12畳部屋用のアイコンでは、同じく消費電力が異なるのは理解できるはずです。

最近は消費電力の低い家電がエコな家電として選ばれています。技術の進歩により多くの電化製品が昔よりも少ない電力で使用できるようになりました。

ちなみにこの各電化製品の消費電力は通常ワット(W)という単位で表されます。

ちなみにワットもキロワットも省電力の単位としては同じです。1kW(キロワット)=1000W(ワット)となっています。

消費電力量(kWh:キロワットアワー)とは?電気代節約のコツは?

消費電力:kWh(キロワットアワー)の「h」は電化製品を使用した時間を表します。

2. その電化製品を使用した時間

電気の使用量、キロワットアワーを決めるのは、上記にあげた電化製品の消費電力の他に、その電化製品を使用した時間が関係します。

つまり、電気の使用量は、電化製品の消費電力(W / kW) × 電化製品を使用した時間 (h) で計算されるわけです。

キロワットアワー(kWh)という単位のhは使用した時間を表しているんですね。

例えば、ご家庭の掃除機の消費電力が200W(= 0.2kWh)の場合、この掃除機をを2時間使用した場合の消費電力量は以下のようになります。

0.2kW × 2h = 0.4kWh

消費電力量の計算方法消費電力量:kWh(キロワットアワー)
=消費電力:kW(キロワット)×時間:h(アワー)

つまり電気代を下げたい場合は、1kWhあたりの電気料金の他に、電気の消費量(kWh)を少なくすることも大きなポイントとなることが分かります。

ちなみに、こちらではわかりやすく「消費」電力と書きましたが、発電を考えた場合もキロワットアワー(kWh)という単位が使われます。

また、kWhは太陽光発電システムエネファーム(燃料電池)などで発電した電力量の単位についても一般的に用いられます。

家電の消費電力量(kWh)を知って電気代を節約!

家電の消費電力と使用時間が消費電力(kWh)を決定することがわかりました。

使用時間は、必要以上に長く使わないことにより自分でコントロールすることができます。それでは、電化製品の消費電力はどのくらいになるのでしょうか?

消費電力の大きい電化製品の使用時間を意識した方が、節電・節約がより効果的なのはいうまでもありませんね。

家電の消費電力量(kWh)を知ると、電気代の節約がしやすくなります。

こちらでは参考のとめに、いろいろな電化製品の消費電力一覧をまとめてみました。

こうして一覧表を見てみると、電気を直接熱に変えるもの、暖まるものは、基本的に消費電力(kW)が大きいことが分かります。

ちなみに正確な消費電力は、各製品の性能や型番によって異なりますので、本体もしくは取説での確認をおすすめします。

電化製品の消費電力一覧

よく使われる家電の消費電力の目安(カタログ記載値)
製品 消費電力 製品 消費電力
IHクッキングヒーター 消費電力量(kWh:キロワットアワー)とは?電気代節約のコツは?電力消費量IHクッキングヒーターはどのくらい? 1400~3000
ワット
エアコン消費電力量(kWh:キロワットアワー)とは?電気代節約のコツは?電力消費量エアコンはどのくらい? 300~3000
ワット
食器洗い機消費電力量(kWh:キロワットアワー)とは?電気代節約のコツは?電力消費量食器洗い機はどのくらい? 1100~1300
ワット
電子オーブンレンジ消費電力量(kWh:キロワットアワー)とは?電気代節約のコツは?電力消費量電子オーブンレンジはどのくらい? 1000~1400
ワット
アイロン消費電力量(kWh:キロワットアワー)とは?アイロン 1200~1300
ワット
電気ポット消費電力量(kWh:キロワットアワー) 900~1400
ワット
ドライヤー 消費電力量(kWh:キロワットアワー)とは?電気代節約のコツは?電力消費量ドライヤーはどのくらい? 600~1200
ワット
掃除機 消費電力量(kWh:キロワットアワー)とは?電気代節約のコツは?電力消費量掃除機はどのくらい? 850~1000
ワット
ホットカーペット消費電力量(kWh:キロワットアワー)とは?ホットカーペット 500~800
ワット
温水洗浄便座消費電力量(kWh:キロワットアワー) 300~700
ワット
こたつ消費電力量(kWh:キロワットアワー)とは? 300~600
ワット
ファンヒーター消費電力量(kWh:キロワットアワー) 10~450
ワット
洗濯機(洗濯時) 消費電力量(kWh:キロワットアワー)とは?電気代節約のコツは?電力消費量洗濯機(洗濯時)はどのくらい? 200~400
ワット
冷蔵庫 消費電力量(kWh:キロワットアワー)とは?電気代節約のコツは?電力消費量冷蔵庫はどのくらい? 100~300
ワット
ノートパソコン消費電力量(kWh:キロワットアワー)とは? 50~100
ワット
デスクトップコンピューター消費電力量(kWh:キロワットアワー) 100~300
ワット
炊飯器 消費電力量(kWh:キロワットアワー)とは?電気代節約のコツは? 100~300
ワット
テレビ(液晶) 消費電力量(kWh:キロワットアワー)とは?電気代節約のコツは?電力消費量テレビ(液晶)はどのくらい? 300~500
ワット
インクジェットプリンター消費電力量(kWh:キロワットアワー)とは? 10~30
ワット
空気洗浄機消費電力量(kWh:キロワットアワー) 10~70
ワット

 

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を

定格消費電力と消費電の違いは?

家電製品を見ていると、「定格消費電力」という単語を見かけます。

定格消費電力と消費電力は、言葉は似ていますが、どのように違うのでしょうか。

定格消費電力とは、「指定された条件下で機器類が安全に達成できる最大出力」のことを指します。つまり、その電化製品が消費する電力量を指すのとは少し違います。

消費電力は消費された電力で、定格消費電力は最大限の消費電力になります。
例えばIHクッキングヒーターでは火力というか熱さを調節できますが、その最大の温度の時に使われる電力量を定格消費電力といいます。

上の表の場合、1400~3000ワットのIHクッキングヒーターの場合、最大が1400Wですので1400Wが定格消費電力になります。

消費電力量と電気代節約のコツは?

kWh(キロワットアワー)とは何か?順番に解説をしてきましたが、この過程で自然と電気代節約のコツはなにかもお分かりいただけたはずです。

消費電力量(kWh:キロワットアワー)とは?電気代節約のコツは?

1キロワットアワー(kwh)あたりの電気料金を安いものを選ぶと電気代を節約できます。

まずは、電化製品の消費電力をざっくり把握して、消費電力の高いものは意識して使用を控える。また、消費電力の大きい電化製品でかなり長く使っており年季の入ったものであれば、消費電力の少ないものに買い替えるといった方法も考えられます。

たとえば、乾燥機などは便利ですが消費電力も多いうえに、長時間使用しますので、必要がなければなるべく使用しない方が、お財布にやさしいといえます。

電化製品の使用時間の傾向も一覧にしましたので、参考にしてくださいね。

家電ごとの消費電力と運転時間の特徴まとめ

消費電力
(kW:キロワットアワー)
運転時間(h)
長い ふつう 短い
多い 衣類乾燥機
布団乾燥機
浴室乾燥機
食器洗い乾燥機
エアコン
洗濯機
炊飯器
アイロン
IHクッキングヒーター
電子レンジ
掃除機
トースター
ヘアドライヤー
ふつう 冷蔵庫
暖房便座
テレビ
HDレコーダー
電気ポット(湯沸し)
少ない 電話機
モデム
照明 携帯電話の充電

また、電気料金を抑えたいならば、もうひとつポイントがあります。それは1kWhあたりの電気料金です。1kWhあたりの電気料金を安いものを選ぶことで、電気の消費量(kWh)はそのままで、電気料金を節約することが可能です。

電力自由化以降、多くの電気の小売り会社が登場しました。そんな新電力の多くが、大手電力会社より安い電気料金を提供しています。

電気料金プランの切り替えは簡単ですし、無料です。今の電気料金を少しでも安くしたい場合、いま支払っている1kWh(キロワットアワー)の電気料金よりも安いところをみつけて電気料金プランを切り替えてみてはいかがですか?