二人暮らしの電気代はどのくらい? - 電気料金の平均

二人暮らしの電気代はいくらくらいなのでしょうか。自分たちの電気代が平均より高いのか安いのか、気になっている方は参考にしてください。二人暮らしの電気代の一か月の平均から、電気代の効果的な節約方法までご紹介します。

  • 二人暮らしの電気代の平均を調べてみました。
  • 電気代を安くする具体的な方法も合わせてチェックしていきましょう。
二人暮らしの電気代はどのくらい? - 電気料金の平均

二人暮らしの電気代、一か月の平均はどのくらい?

二人暮らしの電気代の一か月の平均は、ずばり9,176円です。(2017年)ご自宅の電気代よりも、高かったでしょうか、低かったでしょうか?

この平均の電気代ですが、総務省統計局が、毎月の家計収支の統計を出しています。その資料の中から二人世帯の一カ月の電気料金の平均をピックアップしました。せっかくなので過去6年分、新しい順に見てみましょう。

二人世帯の一カ月の電気料金
  電気料金
2017年 9,176円
2016年 8,933円
2015年 9,763円
2014年 9,830円
2013年 9,275円
2012年 8,811円

出典:総務省統計局

年によってバラつきはありますが、やはり二人暮らしの一カ月の電気料金は平均すると大体9千円である事がわかります。

もちろん、これは地域によっても異なります。寒い地域と暑い地域では、電気代のピークの時期や電気の使用量などが異なるため一か月の平均の電気代も変わってきます。また、また、二人暮らしと一口に言っても、お二人の働き方など二人暮らしのライフスタイルは様々です。ライフスタイルによっても電気代の平均は異なります。

ライフスタイルや季節によって電気代は異なる

二人暮らしの電気代の一か月の平均は、約9千円ということが分かりましたが、これはあくまで一年間の平均です。ライフスタイルや季節によって電気代は変わることも少しお話しました。さらに具体的に見ていきましょう。

電気の使用量、家にいる時間の長さによっても電気代は変わる

二人暮らしの電気代

二人暮らしの電気代の一か月平均は、季節やライフスタイルでも変わります。おうちにいる時間が多いなら当然電気代は安くなりますね。

同じ二人暮らしでも自宅にいる時間が長いほど一か月の電気代は高く、また季節でいうと冬が一番一か月の電気代の高い季節です。

共働きで二人とも日中仕事で家を空けているか、もう引退していたり自宅で仕事をしてる、もしくは二人ともずっと家にいるか、などの条件によっても当然電気代はかなり異なります。

なぜなら、実際の電気代は、電気のトータルの使用量(kWh:キロワットアワー)がに関係があるからです。家にいる時間が長いと電気の使用量も増えて電気代は高くなります。

冬は電気代が高くなるシーズン

同じように、夏の電気代の平均冬の電気代の平均電気の使用量が異なるゆえ変わってきます。節電といえば夏のイメージがありますが、一年で一番電気代が高いのは冬です。

なぜ冬の方が、夏より電気の使用量が多くなるのでしょうか。理由の一つとして、冬は日照時間が短くなるため、照明を使用する時間が長くなるためです。もう一つの理由は、気温です。寒い冬の時期に部屋を快適な温度に暖めるためにはエアコンが調節する温度差が夏よりも大きく、そのため電気の使用量がどうしても多くなります。

具体的には、例えば夏は、35℃の空気を25℃まで冷やせばよいのでその差は10℃になります。ところが冬は0℃の空気を20℃以上に温めなければいけないため、温度差は20℃以上になります。その分電気の使用量が増えて、つまり一か月の平均の電気代が冬は増えてしまうのです。

二人暮らしの電気代、どんな節約方法がある?

二人暮らしの一か月の平均電気代といっても、状況によって電気の使用量が違う事をご紹介しました。しかしながら、電気代の節約方法は、どんな季節やライフスタイルであってもだいたい同じですので、実行できることがあれば試してみるといいですね。

効果的な電気代の節約方法は、「家電の家電の消費電力を調べて節電をする」か、「今の電気料金プランを見直す」に絞られます。二人暮らしの電気代を上手に節約するために、それぞれの方法についてもっと詳しく見ていきましょう。

家電の消費電力をチェック

二人暮らしの電気代の節約には、今使っている電化製品の消費電力を確認し、節電出来る部分は節電する事で電気代を下げる事が出来ます。

資源エネルギー庁の資料によると、電化製品別の電気の使用量は以下のようになっています。

このグラブを見ると冷蔵庫、照明、テレビ、エアコンの4つだけで、家庭の電気の使用量の約4割を占めていることが分かります。つまり、これらの電気の使用量が多い電化製品の使い方を工夫すると節電に効果的です。

 

出典:資源エネルギー庁

エアコンの設定温度に気をつけたり、照明やテレビは使わない時はこまめにスイッチを切る、冷蔵庫は必要以上に開け閉めをしない、など工夫してみてくださいね。

あなどれない「待機電力」

二人暮らしの電気代は?

二人暮らしの電気代。安くしたいならば、待機電力を減らすことも効果的な方法です。(出典:資源エネルギー庁)

また、電気代を節約したいならば、「待機電力」にも注意してみてください。同じく、資源エネルギー庁の資料を見てみましょう。

電化製品は使用していなくてもプラグがコンセントにつながっていると電流が流れており、電気が使われています。これが、待機電力です。

実は、この「待機電電力」はあなどれません。なぜなら、家庭で消費する電力のうち、待機電力が占める割合は5%以上にもなっているからです。

こまめに主電源を切る、長時間使わない電化製品はコンセントからプラグ抜く、などのことで、待機電力を減らすことができます。

今の電気料金プランをチェック

二人暮らしの電気代の節約のためには、今契約している電気料金プランを見直す事で、電気代を安くすることが出来ます。

今の電気料金プランは、自分たちのライフスタイルに合ったものでしょうか?引っ越して来た時からずっと同じで変えた事はない、という方はぜひ電気料金プランを見直してみてください。

月々の電気の使用量kWh:キロワットアワー)が分かっていれば、電気料金シュミレーションで簡単に電気料金の比較ができます。

どの電力会社や電気料金プランを選べば良いのかわからない、という方のためにセレクトラが厳選した電力会社とその特徴を一覧にしてみました。

二人暮らしにすすめたい電力会社とその特徴
電力会社名 電気料金の特徴
Looopでんき
  • 基本料金・最低料金がゼロ円です。
  • 全国どこでも電気の申し込みが可能です。(沖縄以外)
  • 専用のアプリで30分毎の電気の使用量を「見る」ことができます。
    Looopでんきの公式サイトで電気料金を調べる。
H.I.S.のでんき
HTBエナジー
  • 基本的なプランを選べば大手電力よりも5%安いという料金設定です。
  • 全国どこでも電気の申し込みが可能です。(沖縄以外)
    H.I.S.のでんきの公式サイトで電気料金を調べる。
ENEOSでんき
  • 電気の供給エリアは関東エリア(東京電力エリア)のみです。
  • どんな電気の使用量でも電気料金が高くなる事はありません。
  • 「ENEOSカード割引」などの特典があります。
    ENEOSでんきの公式サイトで電気料金を調べる。
洸陽電機
洸陽電機
  • 沖縄を含めた全国で電気の申し込みが可能です。
  • 生活フィットプランは電気を使用する時間帯によって1kWhあたりの電気料金が変わります。
  • プランCは電気の使用量が多い商店やオフィスなどを対象にした電気料金プランです。
丸紅新電力
丸紅
  • 全国で電気の申し込みが可能です。(沖縄以外)
  • プランSは、お得さを重視した標準的なプランです。
  • プランGは、電気料金の一部が、スタジオジブリ、丸紅新電力による日本の原風景を未来に残す活動に使用されます。

電力自由化以降、様々なタイプの新しい電気料金プランが発売されています。電気の消費量が少なくても電気料金が安くなるプランや電気の使用量が多ければ多いほどお得度の高い電気料金プランなど様々です。

基本料金もゼロ円、解約金もゼロ円のプラン

二人暮らしといっても、ライフスタイルは様々です。ぜひご自分にあった電気料金プランを探してみましょう。忙しいし難しいのはイヤ、という方は、基本料金も解約金も0円であるLooopでんきのようなプランがシンプルで良いかもしれません。⇒ Looopでんきの公式サイトへ

大手電力よりも5%安いプラン

電力会社を変えると本当に電気料金が安くなるのか不安、よく分からないという人は、基本料金も電力量料金(kWhあたりの電気料金)も大手電力会社よりも一律5%安いというプランが分りやすいでしょう。⇒ H.I.S.のでんき公式サイトへ

ただし、1つの地域内でも新電力(新しい電気の小売り会社)はたいていその地域の大手電力会社の電気料金よりも安い電気料金を設定しています。

電気料金を実際に比較しました

それでは、二人暮らしの一か月の電気代が具体的にどれくらい安くなるのか、実際の料金プランで比較してみましょう。それぞれ、二人暮らしの人が一般的に申し込むプランで、二人暮らしの平均的な電気の使用量で計算しました。

電気料金は、地域ごとに10社の大手電力会社があった名残からか、電力自由化以降でも、地域ごとに電気料金が異なります。ここでは東京電力エリアに限定して実際に計算をしてみました。

二人暮らしの電気代 - 30Aで350kWhの場合で計算
  東京電力
従量電灯B
東京電力
H.I.S.のでんき
東京大江戸プラン

HTBエナジー
ENEOSでんき
Looopでんき
電気代 9164.8円 8706.5円 8704.8円 9100円
以下の条件で計算をしています。
基本
料金
842.40円 800.28 円 842.40円 0円
電力量
料金
  • 19.52円/kWh
    (0-120kWh)
  • 26.00円/kWh
    (120-300kWh)
  • 30.02円/kWh
    (300kWh以上)
  • 18.46円/kWh
    (0-120kWh)
  • 24.60 円/kWh
    (120-300kWh)
  • 28.44円/kWh
    (300kWh以上)
  • 19.52円/kWh
    (0-120kWh)
  • 24.09円/kWh
    (120-300kWh)
  • 25.75円/kWh
    (300kWh以上)
  • 26.00円/kWh
    (使用量に関わらず一律)
電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

二人暮らしで今支払っている電気代より安い電気料金がないか、調べてみませんか?

月々の電気の消費量(kWh:キロワットアワー)が分かっていれば、電気料金シュミレーションで簡単に電気料金の比較ができます。

ぜひご自分にあった電気料金プランを探してみてくださいね。