You are here

1ヶ月の電気代は平均いくら?

私達が払っている1ヶ月の電気代は平均いくらなのでしょうか?我が家の電気料金は平均よりも高いのか低いのか、気になりますね。政府の統計資料などを使って、私達の1ヶ月の電気代の平均を調べてみました。電気料金を下げるコツもお伝えします。

  • 1ヶ月の電気代の平均は、季節や家族の人数により異なります。
  • いずれにしても、電力会社を変更する事で電気料金は下げられます。
1ヶ月の電気代は平均いくら?

1ヶ月の電気代の平均は?

皆さんの払っている電気代ですが、他の家庭と比べて高いのか安いのか、気になる事はありませんか?

総務省統計局が、毎月の家計収支の統計を出しているので、その資料の中から2人以上の1世帯あたりの一カ月の電気料金の平均を見てみましょう。

1世帯(2人以上)あたりの一カ月の電気料金
  電気料金
1月 11,546円
2月 12,674円
3月 12,216円
4月 11,536円
5月 9,577円
6月 8,233円
7月 8,446円
8月 10,361円
9月 10,583円
10月 9,065円
11月 8,946円
12月 10,600円
年間平均 10,312円

出典:総務省統計局(2017年のデータ)

月によってバラつきはありますが、平均すると大体1万円である事がわかります。

もちろん、これは地域によっても異なります。寒い地域と暑い地域では、電気代のピークの時期や電気の使用量などが異なるため、一か月の平均の電気代も変わってきます。

それでは、季節によって特徴を見ていきましょう。

以外に安い、夏の電気代の平均は?

夏電気代年間平均

暑い夏の電気代の平均は実は年間平均よりも少ないです。

そんな夏の一か月の電気代は平均どのぐらいの金額なのでしょうか?

上のデータから分かるように、緑色の部分、夏(7・8・9月)の1か月の電気代の平均は9,796円になります。意外かもしれませんが、夏の電気代は年間の電気代の平均(10,312円)よりも安い事がわかります。

なぜ夏の1か月の電気代の平均が年間平均よりも安いかというと、エアコンが調節している温度差が冬より夏の方が小さい、という事が大きな理由です。冬は例えば外気0℃の空気を20℃以上に温めなければならないのに対して、夏は外気35℃を25℃まで冷やせば良いので消費電力が少なくて済むのです。

また、夏は日照時間が長いため、あかりをつけている時間も短くなります。そのため、照明に使われる電気の使用量が少なくなり電気代が安くなります。

夏は暑くて湿気が多く、節電のニュースも多いので、電気の使用量が多いと思いがちですが、意外に電気の使用量が少ない事がわかりました。

やっぱり高い、冬の電気代の平均は?

それでは、冬の一か月の電気代は平均どのぐらいの金額なのでしょうか?

上のデータから分かるように、赤色の部分、冬(1・2・3月)の1か月の電気代の平均は12,145円になります。つまり、冬の電気代は年間の電気代平均(10,312円)よりも約2千円も高く、一年で一番電気代が高い季節だということがわかります。

冬の電気代が高くなる理由として、以下のような理由が挙げられます。

  • エアコン暖房による消費電力量が大きい
  • 日照時間が少なくなるので照明を使用する時間が増える
  • 冬服はかさばるため洗濯機と乾燥機の使用が多くなる

一番大きな理由はやはりエアコン暖房による消費電力です。夏は外気35℃を25℃まで冷やせば良いのに対して、冬は外気0℃の空気を20℃以上に温めなければならないので、消費電力がどうしても大きくなります。

日照時間も、夜7時くらいまで明るい夏に比べて冬は夕方には真っ暗になってしまうので、照明に使われる電気の量と電気代が増えます。

世帯人数別の電気代の平均は?

家族の人数が変わると、電気代も変わります。我が家の人数

それでは、世帯別の1か月の電気代の平均はいくらくらいなのでしょうか。

こちらも総務省統計局が出している世帯人数別の1世帯あたりの一カ月の電気料金の平均を過去6年分見てみましょう。

世帯人数別の一カ月の電気料金
  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
二人世帯 8,811円 9,275円 9,830円 9,763円 8,933円 9,176円
三人世帯 10,210円 10,849円 11,406円 11,296円 10,321円 10,485円
四人世帯 11,130円 11,819円 12,152円 11,843円 10,867円 11,239円
世帯平均 10,198円 10,674円 11,203円 11,060円 10,100円 10,312円

出典:総務省統計局(2012-2017年)

当たり前ながら、家族の人数が増えるほど電気代は高くなりますが、世帯人数の増え方に比べて電気代の上がり方は大きくありません。

二人世帯から四人世帯と人数が倍になっても2,000円程度しか電気代はあがりません。家族の人数が増えても、テレビの数や冷蔵庫の数など、電化製品の数は人数ほど変わらないからです。

1ヶ月の電気代の平均と自分の電気代を見比べてみよう

さて、いろいろな角度から1ヶ月の電気代の平均を見て行きましたが、上の表の1ヶ月の電気代の平均とご自分の電気代を見比べてみましょう。あなたの電気代は、1ヶ月の平均の電気代より高いでしょうか。低いでしょうか。

平均の電気代より高かった場合

あなたの1ヶ月の電気代が平均よりも高かった場合、どこかで無駄な電気の使い方をしているかもしれません。

平均はあくまで全国の平均なので地域による差などもありますが、せっかくなので電気料金を減らす方法をまとめてみました。

節電する

 節電のカギは、やはり消費電力量の多いエアコンの使い方にあります。エアコンの設定温度は夏は28℃、冬は20℃にしましょう。

 照明は実は家庭の電気代の中ても1、2を争う割合を占めています。照明をLED電球に変えたりこまめに電気を消しましょう。

 冷蔵庫は設定温度を適切にし、ものを詰め込みすぎたり無駄な開け閉めをしないように気をつけましょう。

 テレビは明るさを調節したり、見ない時はこまめに消すように心がけましょう。

電気料金プランを変える

今契約している電気料金プランよりも安いものに契約を切り替えれば、節電の努力に加えて、1ヶ月の電気代の節約に効果的です。オススメの電力会社をピックアップしました。

 大手より5%安い、HISのでんき

大手電力会社よりも一律5%電気料金を安く設定HTBエナジー(HISのでんき)の電気料金を選べば、それだけで5%電気料金が安くなります。

 基本料金がゼロ円の、Looop(るーぷ)でんき

Looop(るーぷ)でんきの電気料金プランは、なんと基本料金がゼロ円になります。30分毎の電気の使用量がわかるアプリも無料で使えます。

 その他、東京ガスやENEOSでんき

関東にお住まいの方で電気の使用量が一定以上ある方ならば、ENEOSでんきや、東京ガスを使用しているなら東京ガスのずっともでんきがオススメです。

平均の電気代より安かった場合

あなたの1ヶ月の電気代が平均よりも安かった場合、普段からきちんと無駄なく電気を使えていると言えるでしょう。

もっと電気代を節約するために節電、という方法もありますが、既に1ヶ月の電気代が平均よりも安く出来ているならば、別のアプローチが良いでしょう。

さらに電気代を下げたい場合は、やっぱり電気料金プランを選び直すのが得策です。

実は、1kWh(キロワットアワー)あたりの電気代は契約する電気料金プラン(電力会社)によって違うのです。契約している料金プランの1kWhあたりの電気料金現在より安い電気料金をみつけて電力会社を切り替えれば、電気の使用量を変えずに電気代を安くすることができます。

 大手より5%安い、HISのでんき

具体的には、大手電力会社の電気料金より5%安くなる料金設定のHTBエナジー(HISのでんき)の電気料金は電気の使用が少なくても必ず5%安くなります。

 基本料金がゼロ円の、Looop(るーぷ)でんき

また、基本料金がゼロ円のLooop(るーぷ)でんきは、1kWh(キロワットアワー)あたりの電気代もたくさん使うと大手電力会社より安く設定されている上、なんといっても基本料金がゼロ円です。30分ごとの電気の使用量の分かる無料のアプリが使える事でもLooop(るーぷ)でんきは人気です。

どちらも、全国(沖縄以外)で契約する事が可能です。

 その他、東京ガスやENEOSでんき

他にも関東限定ですが、たくさん使う人ほど安くなるENEOSでんき東京ガスのずっともでんきもあります。LPガスを使っている人はLPガスとのセットで安くなるプランもあります。

「検針票」をお手元に、どれくらい電気料金が今より安くなるのか是非シュミレーションしてみてくださいね。