引っ越しで電気を申し込む

お引っ越しで新規に電気の申し込みが必要ですか?

電話で申し込みを受け付けています。電気料金のエキスパート、セレクトラにご相談ください。
☎ セレクトラ・ジャパンコールセンター:受付時間:9時-18時 ※年末年始は休業、お昼休憩13時-14時

東京ガス | 口コミ・評判は?何かデメリットはあるの?

テレビCMでおなじみ東京ガスの電気とは?東京ガスの電気の口コミ、評判、メリットおよびデメリット、注意点についてまとめました。東京ガスの電気料金プランの詳細はここでチェック。

東京ガス:口コミ・評判は?何かデメリットはあるの?
  • 東京ガスの電気は都市ガス供給エリアと同じ首都圏にて契約ができます。
  • 東京ガスの電気(ずっともでんき)は都市ガスとまとめるとさらにお得です!

東京ガスの電気の口コミ・評判は?

日本の都市ガス会社最大手である東京ガスは、2016年4月1日の電力自由化をきっかけに、一般家庭向け電力販売にも参入しました。

東京ガスの電気(ずっとも電気1ずっとも電気2は、都市ガスを供給しているエリアと同じ、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県・静岡県(富士川以東)にてサービスを提供しています。

東京ガスの電気は電力自由化以降すでに契約数約60万件を獲得、関東エリアで依然としてシェア首位である東京電力と激しい顧客争いを繰り広げています。

そんな東京ガスの電気にまつわる口コミと評判を探してみました!

東京ガスのでんき・口コミ1:電気をたくさん使うほど東京電力より安い!

東京ガスの電気の電気料金プランは、最大のライバルである東京電力に対して、よりおトクな料金設定になっていると口コミに挙がっているようです。

そこで、実際に東京ガスの電気が一般家庭向けに提供している電気料金プラン・ずっとも電気1と、東京電力:従量電灯Bの電気料金を比べて検証してみました!

 
東京電力・従量電灯Bと比較
基本料金
(契約アンペア数)
東京電力
従量電灯B
東京電力
東京ガス
ずっとも電気1
会社名
10A 286.00円 提供なし
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円 858.00円
40A 1144.00円 1144.00円
50A 1430.00円 1430.00円
60A 1716.00円 1716.00円
電力量料金
(円/kWh)
東京電力
従量電灯B
東京ガス
ずっとも電気1
120kWhまで 19.88円 140kWhまで 23.67円
120kWh超えて
300kWhまで
26.48円 140kWh超えて
350kWhまで
23.88円
300kWh超える 30.57円 350kWh超える 26.41円

東京ガスの電気のずっとも電気1の基本料金は、契約アンペア数30A(アンペア)以上を対象にして東京電力の従量電灯Bと全く同じ価格です。

が、東京ガスの電気のずっとも電気1の従量料金は、電気の消費量が140kWh(キロワットアワー)以上になると東京電力の従量電灯Bよりも安くなり、特に350kWh以上では1kWhあたり4円以上もおトクになっています!

このため、東京ガスの電気は「電気を使用する量が多ければ多いほど、東京電力より安い!」と評判になっているのですね。

東京ガスのでんき・口コミ1:ガスとのセット割りがお得!

さらに東京ガスの電気の口コミを探してみると、都市ガス会社ならではの東京ガスの都市ガスと一括になった「ガス・セット割」、さらに提携プロバイダのインターネットも加えた「東京ガストリプル割」が話題を集めているようです。

東京ガスのセット割引、どのようなものなのか詳しくご紹介します。

東京ガスの電気「ガス・電気セット割」東京ガスの電気と東京ガスの都市ガスを両方を契約すると、電気料金の基本料金が毎月270円割引になります。

東京電力の電気・ガスのセットプラン「とくとくガス」プランも、電気料金の基本料金が毎月100円割引になります。でも、東京ガスのセットプランの割引の方が毎月170円(270円-100円)分多く割引されています。

東京ガスの電気「東京ガストリプル割」東京ガスの電気の「ガス・電気セット割」に加えて、東京ガス提携プロバイダ(※)のインターネットも契約していると、さらに100〜300円割引/月
(※ASAHIネット、BBエキサイト、BIGLOBE、DTI、OCN、ぷらら、So-net、@nifty 2016年11月1日現在)

東京ガスの電気のメリット・デメリット一覧

それでは、もしも東京ガスの電気に乗り換えたとしたら、一体どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?それぞれ列挙して比べてみました!

東京ガスの電気のメリット

  • 契約アンペア数が30A(アンペア)以上で電力使用量が毎月350kWh以上の場合、東京電力より電気料金が安くなります!
  • 東京ガスの都市ガスも契約しているならば「ガス・電気セット割」が適用され、さらにお得になる!
  • 還元率1.5%で互換性も高い東京ガス独自の「パッチョポイント」サービスがある!

東京ガスの電気のデメリット

  • 契約アンペア数が20A以下、もしくは電力使用量が毎月350kWh未満の場合、東京電力より高い電気料金が高いくなってしまう。
  • 契約アンペア数が30A以上でないと契約できない。
  • 「ガス・電気セット割」があるので、”まとめたくない”人には向いていない。

電気の使用量どれくらい?電気の使用量は毎月送られている検針票に書いてあります。でも、捨てちゃったり、どこにいったか分からないという方も大丈夫!こちらから年間の電気とガスの使用量を簡単に確認することができます。
電気の使用量を確認する

東京ガスの電気の注意点もチェック

セット割やポイント付加など、電気料金以外のサービスも豊富な東京ガスの電気。ただし、東京ガスの電気に乗り換える際には、気をつけなければならない注意点もあるようです!

東京ガスの電気のずっとも電気は、アンペア数が30Aからしか契約することができません。そのため契約アンペアが低く、電気の使用量が極端に少ない家庭には不向きの電気料金プランであるといえるでしょう。

逆に、電気の使用量(kWh)が多く、東京ガスの都市ガスも使用している人にはお得度のかなり高いプランなので検討の価値大いにアリです!

基本料金は東京電力と同じで、電力量料金が電気の使用量が多ければ多いほど安くなる、というのが東京ガスの電気の魅力です。

実際にご家庭の電気の使用状況で東京ガスの電気に乗り換えると節約になるかどうかは、ぜひ一度電気料金シミュレーションを試して確認してみてください!

Updated on