電話で電気・ガス切替相談

在宅時間が増えた。電気代の値上がりが心配?

今より安い電気料金プランを探しませんか?セレクトラまでご相談くさだい。
セレクトラ・ジャパンコールセンター:受付時間:9時-18時 ※年末年始は休業、お昼休憩13時-14時

夜の電気代が安いというのは本当? - 実際に電気料金プランを確認してみました。

「夜の電気代は安い」と聞いたことありませんか?これは本当か否か、もし本当ならばどれくらい安いのか?そしてどんなプランがあるのでしょうか?夜の電気代にまつわる疑問や知っておきたいポイントをまるごとお答えします。


時間帯によって電気料金が変わらないプランと変わるプランがある

電気料金には、時間帯によって電気料金が変わらないプランと変わるプランがあります。ここでいう料金とは、従量料金(電力量料金)つまり1kWhあたりの使用にかかる料金のことです。

時間帯によって料金が変化することのない料金プランの代表は「従量電灯」と呼ばれるプランです。通常はこのプランを契約していることが一般的です。一方、電気を使う時間帯によって円/kWhの異なるプランも存在します。これが、「夜の料金が安い」と考えられている電気料金プランです。

自分がどのプランを契約しているかは、電力会社からの明細で確認することができます。

夜になると自動的に電気料金が安くなるわけではない。まれに勘違いしている人がいますが、電気料金は夜になると自動的に安い単価が適用されるわけではありません。時間帯によって電気料金の変わるプランを申し込まない限り、電気料金は時間で変わることはありません。

従量電灯プラン

最も広く契約されているプランです。「基本料金もしくは最低料金」 + 「従量料金(電気、1kWhの使用にかかる単価)」で構成されています。「基本料金/最低料金」も「従量料金(円/kWh)」も時間帯によって変化することはありません。

ただし、従量料金は、電気の使用料(kWh:キロワットアワー)により三段階に分かれています。

電気の使用時間によって料金が変わるプラン

ほとんどの大手電力会社も、従量電灯プランとは別に、時間帯によって電気料金(円/kWh)の変わるプランも販売しています。

このような料金プランの名称は電力会社によって異なり、内容も様々です。

夜の時間帯が安い電気料金プランの特徴と注意点

時間帯によって電気料金(円/kWh)が変わる電気料金プランは、通常夜の時間帯の料金が安く設定されています。

一方、昼間の時間帯の料金(円/kWh)は、従量電灯プランの昼間の料金よりも高く設定されています。

各電力会社のサイトでもこの点はほとんど強調されていませんし、見逃しがちですので注意すべき点としてあげておきます。以下から具体的に各電力会社の時間帯によって電気料金の変わるプラン(夜の電気料金が安いプラン)を紹介します。

各電力会社の時間帯別料金プランの紹介

東京電力エナジーパートナー

東京電力EPでは、夜の時間が安くなるプランとして、「夜トク8」と「夜トク12」を販売しています。夜トク8は、夜11時から朝7時までの時間帯の料金が割安に、夜トク12は、夜9時から朝9時までの時間帯の料金が割安に設定されています。

夜の時間帯が安く設定されている分、昼間時間の1kWhあたりの電気料金が従量電灯プランよりも高めに設定されています。

夜にみ商売をしているような場合は、このようなプランで電気料金が安くなる可能性が高いでしょう。そうでなければ切替は慎重に考えた方が良いかもしれません。

東京電力:夜トク8の料金

東京電力:夜トク8:基本料金(関東エリア)
基本料金(契約電力1kWあたり) 214.50円
東京電力:夜トク8:電力量料金(関東エリア)
昼間時間(午前7時〜午後11時) 夜間時間(午後11時〜翌日の午前7時)
32.74円(1kWhあたり) 21.16円(1kWhあたり)

東京電力:夜トク12の料金

 

東京電力:夜トク12:基本料金(関東エリア)(税込)
基本料金(契約電力1kWあたり) 214.50円

 

東京電力:夜トク12:電力量料金(関東エリア)(税込)
昼間時間(午前6時〜翌日の午前1時) 夜間時間(午前1時〜午前6時)
34.39円(1kWhあたり) 22.97 円(1kWhあたり)

関西電力

関西電力では、時間帯によって電気料金の異なるプランとして、「はぴeタイムR」と「eスマート10」の2種類のプランがあります。

時間帯で料金が異なる他、季節によっても料金が異なり、夏季(7-9月)とそれ以外の季節によって1kWhあたりの単価がバラバラに設定されています。

このプランの特徴として、ナイトタイム(夜の時間帯の料金)は、安く設定されていますが、夏季の平日は料金が高いという点があげられます。このような特徴を生かして、有効に利用できるか、十分検討する必要がありそうです。

関西電力:はぴeタイムRの料金

関西電力:はぴeタイムR:基本料金(円・税込)
利用kVA数 単位 基本料金
最初の10kVA 1契約 2090.00円
上記を超える場合 1kVAあたり 376.20円

 

関西電力:はぴeタイムR:電力量料金(円・税込)
時間帯 1kWhあたりの値段

平日

平日午前7時~午前10時・午後5時~午後11時(リビングタイム) 21.74円

平日午前10時~午後5時(デイタイム)

夏季(7月1日-9月30日) 27.51円
その他季 25.01円
午後11時~翌日午前7時(ナイトタイム) 14.44円
休日(土日祝日) 午前7時~午後11時(リビングタイム) 21.74円
午後11時~翌日午前7時(ナイトタイム) 14.44円

はぴeタイムRの割引 電化割引額 = 割引対象額(基本料金+電力量料金)× 5%

 

関西電力:eスマート10の料金

 
関西電力:eスマート10:基本料金(円・税込)
契約kW 料金単価
最初の10kWまで(1契約あたり) 1210.00円
10kWをこえる1kWにつき(1kVAあたり) 396.00円

 

関西電力:eスマート10:電力量料金(円・税込)
時間帯 1kWhあたりの値段
デイタイム(平日13時から16時まで) 38.62 円
リビングタイム 夏季(7月1日から9月30日まで) 30.20 円
その他の季節 27.45 円
ナイトタイム(毎日22時から翌日8時まで) 15.36 円
  • デイタイムは、毎年7月1日から9月30日の平日13時から16時までです。
  • リビングタイム(夏季)は、毎年7月1日から9月30日の平日8時から13時および16時から22時または休日扱い日の8時から22時までです。
  • リビングタイム(その他季)は、毎年1月1日から6月30日、毎年10月1日から12月31日の8時から22時までです。
  • ナイトタイムは、毎日22時から翌日8時までです。
  • ※休日扱い日とは、土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に規定する休日、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30日、2月31日です。
  • ※まったく電気をご使用されない(1ヶ月のご使用量が0kWh)場合、基本料金は半額です。

中部電力

中部電力では、「スマートライフプラン」という時間帯によって電気料金の異なるプランを提供しています。スマートライフプラン、スマートライフプラン(夜トク)、スマートライフプラン(朝トク)の3種類があります。

このプランでは、平日日中のデイタイム料金は割高になっていますが、土日祝日の日中はこの料金は適用されません。

@ホームタイム、デイタイム、ナイトタイムの3種類の料金設定があり、プランにより時間帯の設定が異なります。

中部電力:スマートライフプランの料金

中部電力:スマートライフプラン:基本料金
契約kVA 料金単価(税込)
最初の10kVAまで(1契約あたり) 1487.04円
10kVAをこえる1kVAにつき(1kVAあたり) 286.00円

電力量料金

中部電力:スマートライフプラン:電力量料金
時間帯 1kWhあたりの値段(税込)
デイタイム(平日10時から17時まで) 38.71円
@ホームタイム 28.52円
ナイトタイム(毎日22時から翌日8時まで) 16.30円

中部電力のスマートライフプランの時間帯区分

時間帯区分
平日 土日・祝日
@ホームタイム 8-10時 @ホームタイム 8-22時
17-22時
デイタイム 10-17時 ナイトタイム 22-翌8時
ナイトタイム 22-翌8時

中部電力:スマートライフプラン(夜とく)の料金

 

中部電力:スマートライフプラン(夜とく):基本料金
契約kVA 料金単価(税込)
最初の10kVAまで 1487.04 円(1契約あたり)
10kVAをこえる1kVAにつき 286.00 円(1kVAあたり)

 

中部電力:スマートライフプラン(夜とく):電力量料金
時間帯 1kWhあたりの値段(税込)
デイタイム(平日10時から17時まで) 38.71 円
@ホームタイム 28.52 円
ナイトタイム(毎日21時から翌日7時まで) 16.30 円

中部電力:スマートライフプラン(夜とく)の時間帯区分

時間帯区分
平日 土日・祝日
@ホームタイム 7-10時 @ホームタイム 7-21時
17-21時
デイタイム 10-17時 ナイトタイム 21-翌7時
ナイトタイム 21-翌7時

中部電力:スマートライフプラン(朝とく)の料金

中部電力:スマートライフプラン(朝とく):基本料金
契約kVA 料金単価(税込)
最初の10kVAまで(1契約あたり) 1487.04 円
10kVAをこえる1kVAにつき(1kVAあたり) 286.00 円

電力量料金

中部電力:スマートライフプラン(朝とく):電力量料金
時間帯 1kWhあたりの値段(税込)
デイタイム(平日10時から17時まで) 38.71 円
@ホームタイム 28.52 円
ナイトタイム(毎日23時から翌日9時まで) 16.30 円

中部電力のスマートライフプラン(朝とく)の時間帯区分

時間帯区分
平日 土日・祝日
@ホームタイム 9-10時 @ホームタイム 9-23時
17-23時
デイタイム 10-17時 ナイトタイム 23-翌9時
ナイトタイム 23-翌9時

北海道電力

ほくでんでは、夜の時間帯の電気料金(円/kWh)が安いプランとして「eタイム3プラス」の提供があります、

夜の時間帯の料金は安く設定されていますが、昼の時間帯の料金が、従量電灯プランに比べてかなり高くなっています。節約で、少しでも安い電気料金を探しているならば、ほくでんの従量電灯プランよりも安くなっている他の電力会社を探してみる方が良いかもしれません。

一方、深夜営業の店や、昼間は電気を使わないような方であれば、「eタイム3プラス」への切り替えでお得になるでしょう。

北海道電力:eタイム3プラスの料金

北海道電力:eタイム3プラス(税込)
基本料金
6kVAまで・1契約につき 2215.48円
7kVA,8kVA・1契約につき 2724.74 円
9kVA,10kVA・1契約につき 3234.00円
10kVAをこえる時・1kVAにつき 473.00円
電力量料金(1kWhあたり)
午後時間(午後1時から午後6時まで) 40.67円
朝晩時間(午前8時から午後1時まで
毎日午後6時から午後10時まで)
30.90円
夜間時間(午後10時から午前8時まで) 14.63円

東北電力

東北電力では、夜の時間帯が安くなっている電気料金プランが多く、充実しています。

いずれの場合も、夜の時間帯の1kWhあたりの料金は安く設定されていますが、昼間は、一般的なプランである「従量電灯プラン」よりも高く設定されています。

それぞれの料金の特徴は以下の通りです。実際の料金リストはその下に続きます。

  • よりそう+シーズン&タイム・・・季節と時間帯によって電気料金が異なります。
  • よりそう+ナイト12・・・夜時間の設定が、12時間となっている
  • よりそう+ナイト&ホリデー・・・夜間と休日の料金が安く設定されている
  • よりそう+ナイト8・・・午後11時からの8時間が安く設定されている
  • よりそう+ナイト10・・・午後10時からの10時間が安く設定されている
  • よりそう+ナイトS・・・午後10時からの10時間が安く設定されており、かつ電気料金の使用の少ない人向けのプラン
  • よりそう+サマーセーブ・・・夏季のピーク時間の利用を避けれる人向き

東北電力:よりそう+シーズン&タイムの料金

東北電力:よりそう+シーズン&タイム:基本料金
区分 料金単価
主開閉器契約 10kVA以下の場合 1980.00円(1契約あたり)
上記をこえる 440.00円(1kVAあたり)
実量契約 10kW以下の場合 2711.50円(1契約あたり)
上記をこえる 605.00円(1kVAあたり)
東北電力:よりそう+シーズン&タイム:電力量料金
区分 1kWhあたりの値段(円)
昼間 冬季ピーク 43.14 円
夏季ピーク 43.14 円
その他季ピーク 39.22 円
オフピーク 26.73円
夜間 11.43 円
  • 「冬季」とは、毎年12月1日から翌年2月28日までの期間をいいます。なお、閏年となる場合は、2月29日までの期間をいいます。
  • 「夏季」とは、毎年7月1日から9月30日までの期間をいいます。
  • 「その他季」とは、毎年3月1日から6月30日までの期間、および10月1日から11月30日までの期間をいいます。
  • 「冬季ピーク」とは、毎日午後4時から午後6時までの時間をいいます。
  • 「夏季ピーク」および「その他季ピーク」とは、毎日午前10時から午後5時までの時間をいいます。
  • 「オフピーク」とは、毎日午前8時から午後10時までの時間をいいます。ただし、それぞれのピーク時間を除きます。
  • 「夜間」とは、ピークおよびオフピーク以外の時間をいいます。

東北電力:よりそう+ナイト12の料金

東北電力:よりそう+ナイト12:基本料金
区分 料金単価
主開閉器契約 6kVA以下の場合(1契約あたり) 1430.00円
6kVAをこえる場合
最初の10kVAまで(1契約あたり)
1980.00円
上記をこえる(1kVAあたり) 330.00円
実量契約 6kW以下の場合(1契約あたり) 1958.00円
6kWをこえる場合
最初の10kWまで(1契約あたり)
2711.50円
上記をこえる(1kWあたり) 451.00円
東北電力:よりそう+ナイト12:電力量料金
区分 1kWhあたりの値段
昼間(午前9時から午後9時) 最初の70kWhまで 26.43 円
70kWhをこえ170kWhまで 36.06 円
170kWhをこえる 41.68 円
夜間(午後9時から翌午前9時) 11.92 円
「昼間」とは、毎日午前9時から午後9時までの時間をいいます。
「夜間」とは、昼間以外の時間をいいます。

東北電力:よりそう+ナイト&ホリデー

東北電力:よりそう+ナイト&ホリデー:基本料金
区分 料金単価(1契約あたり)
3kVA以下の場合 990.00円
4kVAの場合 1320.00円
5kVAの場合 1980.00円
6kVAの場合 2640.00円
東北電力:よりそう+ナイト&ホリデー:電力量料金
区分 1kWhあたりの値段
平日昼間
(午前8時から午後10時)
最初の60kWhまで 24.02 円
60kWhをこえ140kWhまで 32.78 円
140kWhをこえる 39.34 円
夜間(午後10時から翌午前8時)・休日 15.88 円
  • 「休日」とは、土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に規定する休日および1/2、1/3、1/4、4/30、5/1、5/2、12/29、12/30、12/31 をいいます。
  • 「平日」とは、休日以外の日をいいます。
  • 「平日昼間」とは、毎日午前8時から午後10時までの時間をいいます。
  • 「夜間」とは、平日昼間以外の時間をいいます。

東北電力:よりそう+ナイト8の料金

東北電力:よりそう+ナイト8:基本料金
区分 料金単価
主開閉器契約 6kVA以下の場合 1430.00円(1契約あたり)
6kVAをこえる場合
最初の10kVAまで
1980.00円(1契約あたり)
上記をこえる 330.00円(1kVAあたり)
実量契約 6kW以下の場合 1958.00円(1契約あたり)
6kWをこえる場合
最初の10kWまで
2711.50円(1契約あたり)
上記をこえる 451.00円(1kWあたり)
東北電力:よりそう+ナイト8:電力量料金
区分 1kWhあたりの値段
昼間(午前7時から午後11時まで) 最初の90kWhまで 22.09 円
90kWhをこえ230kWhまで 30.13 円
230kWhをこえる 34.83 円
夜間(午後11時から翌午前7時) 11.12 円
「昼間」とは、毎日午前7時から午後11時までの時間をいいます。
「夜間」とは、昼間以外の時間をいいます。

東北電力:よりそう+ナイト10の料金表

東北電力:よりそう+ナイト10:基本料金
区分 料金単価
主開閉器契約 6kVA以下の場合 1430.00円(1契約あたり)
6kVAをこえる場合
最初の10kVAまで
1980.00円(1契約あたり)
上記をこえる 330.00円(1kVAあたり)
実量契約 6kW以下の場合 1958.00円(1契約あたり)
6kWをこえる場合
最初の10kWまで
2711.50円(1契約あたり)
上記をこえる 451.00円(1kWあたり)
東北電力:よりそう+ナイト10:電力量料金
区分 1kWhあたりの値段
昼間(午前8時から午後10時まで) 最初の80kWhまで 24.00 円
80kWhをこえ200kWhまで 32.75 円
200kWhをこえる 37.85 円
夜間(午後10時から翌午前8時) 11.43 円
「昼間」とは、毎日午前8時から午後10時までの時間をいいます。
「夜間」とは、昼間以外の時間をいいます。

東北電力:よりそう+ナイトSの料金表

東北電力:よりそう+ナイトS:基本料金
区分 料金単価
主開閉器契約 6kVA以下の場合(1契約あたり) 6380.00円
まったく電気を使用しない場合(1契約あたり) 715.00円
6kVAをこえる場合 最初の10kVAまで(1契約あたり) 6930.00円
上記をこえる(1kVAあたり) 330.00円
まったく電気を
使用しない場合
6kVAをこえる場合
最初の10kVAまで(1契約あたり)
990.00円
上記をこえる(1kVAあたり) 165.00円
実量契約 6kW以下の場合(1契約あたり) 8734.00円
まったく電気を使用しない場合(1契約あたり) 979.00円
6kWをこえる場合 最初の10kWまで(1契約あたり) 9482.00円
上記をこえる(1kWあたり) 451.00円
まったく電気を
使用しない場合
6kWをこえる場合
最初の10kWまで(1契約あたり)
1358.50円
上記をこえる(1kWあたり) 225.50円

 

東北電力:よりそう+ナイトS:電力量料金
区分 1kWhあたりの値段
昼間(午前8時から午後10時まで) 200kWhをこえる 40.02 円
夜間(午後10時から翌午前8時) 11.43 円
「昼間」とは、毎日午前8時から午後10時までの時間をいいます。
「夜間」とは、昼間以外の時間をいいます。

東北電力:よりそう+サマーセーブの料金表

東北電力:よりそう+サマーセーブ:基本料金
区分 料金単価
主開閉器契約 6kVA以下の場合 1430.00円(1契約あたり)
6kVAをこえる場合
最初の10kVAまで
1980.00円(1契約あたり)
上記をこえる 330.00円(1kVAあたり)
実量契約 6kW以下の場合 1958.00円(1契約あたり)
6kWをこえる場合
最初の10kWまで
2711.50円(1契約あたり)
上記をこえる 451.00円(1kWあたり)
東北電力:よりそう+サマーセーブ:電力量料金
区分 1kWhあたりの値段
ピーク(夏季の毎日午後1時から午後4時まで) 54.82 円
昼間(午前8時から午後10時まで) 最初の90kWhまで 20.10 円
90kWhをこえ230kWhまで 27.41 円
230kWhをこえる 37.39 円
夜間(午後10時から翌午前8時) 11.12 円
  • 「夏季」とは毎年7月1日から9月30日までの期間をいい、「その他季」とは毎年10月1日から翌年6月30日までの期間をいいます。
  • 「ピーク」とは夏季の毎日午後1時から午後4時までの時間をいいます。
  • 「昼間」とは、毎日午前7時から午後11時までの時間をいいます。ただし、ピーク時間を除きます。
  • 「夜間」とは、「ピーク」および「昼間」以外の時間をいいます。

北陸電力

北陸電力には、くつろぎナイト12(節電とくとくプラン)というプランがあります。夜間にお湯を沸かす機器(エコキュート等)を利用している方を対象にしたプランです。お湯を沸かす夜の時間帯の料金(1kWhあたりの単価)が安くなっています。

昼間の時間帯は、通常の料金(従量電灯プラン)よりも高く設定されています。エコキュート等を利用していない場合、よほど夜の時間帯に電気の利用を移動することができない場合は、くつろぎナイト12のメリットはほとんどないでしょう。

電気を使う時間帯を気にせず、今よりも電気料金を安くしたい場合は、北陸電力の従量電灯プランよりも安い他社を探してみると良いかもしれません。

くつろぎナイト12(節電とくとくプラン)

北陸電力:くつろぎナイト12:基本料金(円・税込)
契約kVA 料金単価
最初の10kVAまで 1650.00円(1契約あたり)
10kVAをこえる1kVAにつき 237.60円(1kVAあたり)
北陸電力のくつろぎナイト12:電力量料金(円・税込)
時間帯 1kWhあたりの値段
昼間(午前8時から午後8時まで) 夏季(7月-9月) 34.94円
その他季(10月-6月) 25.06円
ウイークエンド 19.63円
夜間(午後8時から午前8時まで) 12.50円
  • 時間帯区分は次のとおりとします。
    • 昼間:午前8時から午後8時まで
    • 夜間:午後8時から午前8時まで
  • ウイークエンドとは以下の日をいいます。
    • 土曜日、日曜日および祝日
  • 季節区分は次のとおりとします。
    • 夏季:7月1日から9月30日まで
    • その他季:10月1日から翌年6月30日まで

中国電力

オール電化の家庭を対象にした「ぐっとずっと。プラン​電化Styleコース」に加え、オール電化の家庭でも申し込むことができる「ぐっとずっと。プラン ナイトホリデーコース」があります。

夜間や休日の電気料金が安く設定されています。一方、日中の料金が中国電力の従量電灯Aよりも高くなっています。平日昼間にご自宅に誰もいない共働き世帯などを対象にした電気料金プランです。

夏季のデイタイムの電力量料金がかなり高めです。

中国電力:ぐっとずっと。プラン ナイトホリデーコースの料金表

中国電力-ぐっとずっと。プラン ナイトホリデーコース-最低料金
最低料金(税込)
1650.00円
中国電力のぐっとずっと。プラン ナイトホリデーコースの電力量料金
区分 1kWhあたりの値段(税込)
デイタイム(夏季) 40.96円
デイタイム(その他の季節) 37.21円
ナイトタイム 18.21円
ホリデータイム 18.21円
  • 「デイタイム」は平日の9時~21時をいいます。
  • 夏季は、7/1~9/30、その他の季節:10/1~翌年6/30までの期間をいいます。
  • 「ナイトタイム」とは、平日の0時~9時、平日の21時~24時までの時間をいいます。
  • 「ホリデータイム」は土曜日・日曜日・祝日、1/2~1/4、5/1、5/2、12/30、12/31の全日までをいいます。

四国電力

四国は全国でも、オール電化の家庭が多い為、電化住宅向けのプランが充実しています。

一方、電化住宅以外を対象にした、電気を使う時間帯よって料金が異なるプランは提供がありません。

よんでんで従量電灯プランAを契約しており、さらに料金が安くできるプランを探している方は、よんでん以外の新電力を検討してみると良いでしょう。

九州電力

九州電力では、オール電化の方を対象としたプランは、電化でナイト・セレクト21/22/23と提供があります。

一方、電化住宅ではなく、単純に夜の時間帯が安くなっているというプランはありません。

もし電気代の節約をお考えで、夜の時間帯の安くなっているプランをお探してでしたら、新電力を検討してみると良いでしょう。

沖縄電力

沖縄電力はオール電化向けの電気料金プラン以外、時間帯によって料金が変わるプランはありません。

夜の電気代が安いというのは本当? - まとめ

各電力会社で、夜の電気料金(円/kWh)を安く設定しているプランを、多種提供していることが分かりました。

このような電気料金プランは、自分で本当にどれだけ節約になるか、よく判断し、選んで申し込む必要があります。深夜営業の店などは、こういったプランへ変更をすることで電気料金を安くすることができるでしょう。

また、これら時間帯によって料金が変わるプランは、夜の料金は安い一方で昼間は通常よりも高く設定されていますから、一般家庭の場合は本当にプラン変更で電気料金を安くすることができるか確認する必要があるでしょう。

電気料金を今よりも少しでも安くしたいならば、大手電力会社よりも電気料金を安く設定している新電力を検討してみると良いでしょう。

Updated on