電話で電気・ガス切替相談

なぞなぞ - 料金の安いものを選んでも決して品質が落ちないものは?

答えは電気です!品質はそのままで、料金設定の安い電気料金プランを探してみませんか?エキスパートにご相談ください。
(セレクトラ・ジャパンコールセンター / 受付時間:9時-13時、14時-18時 ※土日祝日・年末年始は休業)

東京電力より安い電気料金は?

関東地方を中心にこれまで長年にわたって電力を供給してきた東京電力。2016年4月の電力小売り全面自由化以降は電力提供エリアも広がり、用意されているプランの幅も広がりました。しかし、電力自由化前に東京電力と契約していた方が契約をそのままにしていた場合、従来のプランからの変更は生じません。現在、東京電力と契約している方はもしかすると従来のプランを見直したり、他の新しい電力会社のプランと比較するとそれよりも安い電気料金にすることができるかもしれません。


電力自由化で電気は選べる時代へ

2016年4月まで一般家庭においては電力会社を選ぶことはできませんでした。例えば東京に住んでいれば自動的に東京電力と契約することになり、用意されているいくつかのプランから選択するのが当たり前でした。これは東京電力管轄の関東地方や山梨県、静岡県の一部だけに限った状況ではなく、各地の大手電力会社10社(東京電力、関西電力、中部電力、中国電力、四国電力、北陸電力、東北電力、九州電力、北海道電力、沖縄電力)の管轄地域において日本全国が同様の状況でした。

しかし、電力の小売り全面自由化が始まったことによって現在は状況が大きく変化しています。東京電力もこれまでのプランを見直して新しい料金プランを用意するだけでなく、新しい電力会社も加わって電気の消費者である私たちがどのような電力契約を結ぶか選択できるようになったのです。電力自由化によって電気はすでに選べる時代に入っています。

東京電力の料金の仕組み

電気料金の内訳(出典:東京電力HP)

東京電力よりも安い電気料金を考える前にまずは東京電力が提供している電気料金の計算の仕方をチェックしておきましょう。東京電力の電気料金プランは自由化前のプランも自由化後の新しいプランも以下の基本的な計算式で算出されています。

まずは、電気料金を計算する上で基本となる要素を押さえておきましょう。

基本料金契約しているA(アンペア)またはkVA(キロボルトアンペア)数によって決まる料金です。東京電力の旧プランの場合、全く電気を使わなかった月の基本料金は半額となります。

電力量料金使用した電気量に応じて変動する電気料金です。電力量料金単価(1kWhあたりの値段)に使用した電気量を掛けて算出されます。東京電力の旧プランでは使用量によって3段階に分かれていましたが、新プランでは一定量まで定額料金などのプランが用意されています。

燃料費調整額電気をつくるための燃料費の増減を電気料金に反映させて調整するためのものです。燃料費は為替レートや原油価格によって変動するため、燃料費調整額は燃料費が下がれば安く、燃料費が上がれば高くなるようにして電気料金を調整しています。

再生可能エネルギー発電促進賦課金再生可能エネルギーを促進するために電力会社には再生可能エネルギーの固定価格買取制度が設けられています。しかし、再生可能エネルギーによってつくられた電力の買取には費用がかかるため、促進賦課金として電気料金に含めて徴収されています。

燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金も電気料金に含まれますが、電気料金を占める大きな部分はやはり、基本料金と電力量料金です。東京電力よりも安い電気料金プランを探すには、基本料金と電力量料金の2つに注目することが大切です。

東京電力の電気料金の計算式を考えましたが、東京電力では一般家庭向けにどんな電気料金プランが提供されているのでしょうか?東京電力の中でも電力自由化後に新しいプランが登場していますのでチェックしましょう。

東京電力の新しい電気料金プラン
料金プラン 特徴
従量電灯B/C 基本料金+使用料によって3段階に分かれた電力量料金で、従来のプラン
スタンダードS/L 従量電灯B/Cと同じ料金体系で、違いはWEBサービスの「くらしTEPCO」でポイントが貯まる点のみです。
プレミアムS/L 電気を多く使用する方向けのプラン。一定の電気使用量までは定額料金で、それ以上は従量料金に変わるプランです。

従量電灯B/Cは電力自由化前から継続している電気料金プランです。2016年4月まで東京電力の電気を利用していて、それ以降も電気料金プランの見直しや電力会社の変更を行っていない場合には現在もこの料金プランが引き継がれています。

スタンダードS/L、プレミアムS/Lは電力自由化以降に新たに登場したプランで、どちらもWEBサービスの「くらしTEPCO」に登録することで電気料金1000円につき5ポイントが貯まり、電気料金の支払い等に使うことができるプランです。

東京電力より安い電気料金プランを見つけるポイント

電気使用のお知らせ(検針票)を確認すれば電気の使用量が分かります。(出典:東京電力HP)

ここまでで東京電力の電気料金の仕組みとプランについて見てきました。では、実際に東京電力よりも安い電気料金プランを探すときにはどんな点に注目したら良いのでしょうか?

まず大切なのは、自分が毎月どれくらいの電気を使用しているかを把握することです。これは毎月の東京電力から毎月届く「電気ご使用量のお知らせ」(検針票)を見ればすぐに分かります。

写真の電気ご使用量のお知らせで見ると、④がその月に使用した電力量となっています。 この毎月の電気の使用量を把握することが大切なのは、電気使用量によって電気料金プランを比較する時の安くなる料金が変わってくるためです。分かりやすいように具体例を見ながら考えましょう。

東京電力の従量電灯Bとそれに相当するENEOSでんきの東京Vプランを比較してみます。先に考えたように、電気料金を計算するためには基本料金と電力量料金を比較することが大切です。

東京電力と新電力(ENEOSでんき)の比較基本料金(税込)
契約アンペア数 東京電力
従量電灯B
ENEOSでんき
東京V
10A 286.00円 286.00円
15A 429.00円 429.00円
20A 572.00円 572.00円
30A 858.00円 858.00円
40A 1144.00円 1144.00円
50A 1430.00円 1430.00円
60A 1716.00円 1716.00円

まず基本料金を比較してみると、10A~60Aまで基本料金に違いはないことが分かります。では、電気の使用量によって変化する電気量料金はどうでしょうか?電気量料金は従量電灯B、東京Vどちらのプランも3段階に分かれています。

1kWhあたりの料金(税込)
電力消費量(kWh) 東京電力
従量電灯B

ENEOSでんき
東京V

最初の120kWhまで 19.88円 19.88円
120kWhをこえ、300kWhまで 26.48円 24.54円
300kWh超過分 30.57円 26.22円

1kWhあたりの電気量料金を比較すると、大きな違いがあることが分かります。最初の段階である120kWhまではどちらのプランでも1kWhあたりの電気料金は19.88円ですが、それ以降はENEOSでんきの東京Vプランのほうが安く設定されています。

  • 東京電力とENEOSでんきのプランでは電気量料金に違いが出る
  • 120kWhこえ、300kWhまで → 26.48円 − 24.54円 = 1.94円の差(1kWhあたり)
  • 300kWh超過分        → 30.57円 − 26.22円 = 4.35円の差(1kWhあたり)

つまり、自分が使用している毎月の電気量が少なくとも120kWhを超えているならば、基本料金が同じでも電気量料金の違いによってENEOSでんきに切り替えた方が電気代が安くなることが分かります。さらに電気を毎月300kWh以上使用しているなら、1kWhあたりの差額はさらに大きくなりますので、安くなる金額も大きくなるはずです。

逆に使用している電気量が毎月120kWh未満ならば、ENEOSでんきに切り替えても基本料金、電気量料金が東京電力と同じため、電気料金は変わりません。

東京電力からの切り替えで電気料金を安くしたい場合には、以下の3つのポイントをしっかり押さえましょう。

  • 毎月の電気使用量をチェック
  • 東京電力からの切り替えで安くなるかどうかは電気使用量によって変わってくる
  • 東京電力より安くなるかどうかは基本料金、電力量料金の2つをチェック

東京電力より基本料金が安い新電力

東京電力からの切り替えを考える上で、大切な3つのポイントの中のひとつは基本料金と電気量料金をチェックすることでした。では、基本料金に注目して東京電力の従来の従量電灯B、新しく登場したプレミアムSと電力自由化以降に登場した新電力の電気料金プランを比較してみましょう。

関東エリアの基本料金比較
契約
アンペア
東京電力
(従量電灯B)
東京電力
(プレミアムS)
ENEOSでんき
(東京V)
Looopでんき
(おうちプラン)
10A 286.00円 286.00円 286.00円 0円
15A 429.00円 429.00円 429.00円 0円
20A 572.00円 572.00円 572.00円 0円
30A 858.00円 858.00円 858.00円 0円
40A 1144.00円 1144.00円 1144.00円 0円
50A 1430.00円 1430.00円 1430.00円 0円
60A 1716.00円 1716.00円 1716.00円 0円

東京電力の新旧プラン、従量電灯BとプレミアムSについては基本料金の変化はありません。その他新電力でもENEOSでんきの東京Vプランはさきほど見たとおり、基本料金が東京電力と全く同じに設定されていました。ただしLooopでんきに関しては、契約アンペアにかかわらず基本料金が0円となっています。

東京電力より電気量料金が安い新電力

次に電気料金を比較する上でもうひとつ重要なポイントである電力量料金についても比較してみましょう。電気量料金は契約しているアンペア数によっても変化するため、東京電力の従量電灯Bで契約数の多い30Aを例にとって比較してみたいと思います。

東京(関東エリア)の電力量料金比較
東京電力
(従量電灯B)
東京電力
(プレミアムS)
ENEOSでんき
(東京V)
Looopでんき
(おうちプラン)
-120kWh 19.88円 定額料金 (~400kWhまで)
9879.63円
それ以上は1kWhあたり
24.69円
-120kWh 19.88円 -120kWh 26.40円
120-300kWh 26.48円 120-300kWh 24.54円 120-300kWh
300kWh以上 30.57円 300kWh以上 26.22円 300kWh以上

30A契約での電気量料金を比較してみると、東京電力の新しいプラン、プレミアムSでは400kWhまでが定額料金の9879.63円となっており、これを1kWhあたりで計算すると24.69円になりました。定額ですので電気使用量が少ない場合にも9879.63円はかかってしまうことになりますので、東京電力の新しいプランを検討する際には、毎月の電気使用量をチェックしてから比較することが大切です。

その他の新電力の電気量料金プランではLooopでんきの場合とENEOSでんきの第一料金段階を除いて1kWhあたりの料金が総じて安く設定されていました。Looopでんきについては一律26.40 円と東京電力の第一料金段階の価格設定よりは高く設定されていますが、それ以降は安くなっており基本料金0円との兼ね合いで検討する必要がありそうです。

一人暮らし向け電気料金プラン

基本料金と電力量料金の比較によって、東京電力の電気料金プランよりも安いプランが用意されていることが分かってきました。しかし同時に、使う電気量によって安くなる料金が異なってくることも分かりました。では、生活スタイルに合わせてどのような切り替えを行えば良いのでしょうか?実際の契約アンペア数、使う電気量に合わせて比較してみましょう。まずは一人暮らし向けの電気料金プランです。

東京電力の従量電灯Bプランでも契約数が多く、一人暮らしや電化製品をあまり使用していない方向けの30A契約、月の電気使用量は平均200kWhに設定して比較してみましょう。

一人暮らし(30A契約、電気使用量200kWh/月)
各料金 東京電力
(従量電灯B)
HISでんき
(ウルトラ30)
ENEOSでんき
(東京V)
Looopでんき
(おうちプラン)
1か月の電気代 5362円 5094.7円 5206.8円 5280円
基本料金 858.00円 815.10円 858.00円 0円
電気量料金 ・19.88円/1kWh(0-120kWh)
・26.48円/1kWh(120-300kWh)
定額料金(~400kWhまで)
9879.63円
・18.89円/1kWh
(0-120kWh)
・25.16円/1kWh
(120-300kWh)
一律26.40円

契約アンペア数も小さく、使用する電気量も少ない一人暮らし向けの電気料金比較ではHISでんきのウルトラ30東京プランが最も安くなることが分かりました。HISでんきでは、容量のさらに少ない20Aのようなケースでも、料金の安くなるプラン(ウルトラ20東京プラン)が用意されています。

カップル向け電気料金プラン

次にカップル向けの電気料金プランを比較してみましょう。カップルと将来家族が増えるかもしれないことなどを考えると、40A契約で毎月の電気使用量が300kWhに設定して比較してみましょう。

カップル向け(40A契約、電気使用量300kWh/月)
各料金 東京電力<
(従量電灯B)
東京電力<
(プレミアムS)
ENEOSでんき
(東京V)
Looopでんき
(おうちプラン)
1か月の電気代 8296円 10737.63円 7946.8円 7920円
基本料金 1144.00円 1144.00円 1144.00円 0円
電気量料金 19.88円/1kWh(0-120kWh)
26.48円/1kWh(120-300kWh)
定額料金(~400kWhまで)
9879.63円
19.88円/1kWh(0-120kWh)
26.48円/1kWh(120-300kWh)
一律26.40円

電気の使用量が増えるにしたがって、東京電力の従来のプランとの差が大きくなり始めました。夫婦二人だけのカップルだとしても電気料金プラン選びは大切だということが分かります。これを見ると、電気の使用量が多いほど電力会社の切り替えで電気料金がより安くなりやすいことが分かります。

Looopでんき

家族向け電気料金プラン

さらに家族が増えて、4人家族で契約は50A、月の電気使用量が500kWhのお宅をシミュレーションしてみましょう。電気使用量がさらに増えることで電気料金にはどのような影響があるでしょうか?

4人家族(50A契約、電気使用量500kWh/月)
各料金 東京電力
(従量電灯B)
東京電力
(プレミアムS)
ENEOSでんき
(東京V)
Looopでんき
(おうちプラン)
1か月の電気代 14696円 14267.63円 13476.8円 13200円
基本料金 1430.00円 1430.00円 1430円 0円
電気量料金

19.88円/1kWh

(0-120kWh)
26.48円/1kWh

(120-300kWh)
30.57円/1kWh

(300kWh超過分)

定額料金(~400kWhまで)
9879.63円
・従量料金29.58円/1kWh
(400kWh超過分)

19.88円/1kWh

(0-120kWh)
26.48円/1kWh

(120-300kWh)
26.22円/1kWh

(300kWh超過分)

一律26.40円

4人家族で電気使用量も大きくなると、基本料金が0円のLooopでんきのおうちプランがもっとも安くなるという結果がでました。また、50Aの契約で500kWh/月電気を使用していると、どの新電力の電気料金プランも東京電力の新旧プランのどちらと比較しても安くなりますし、特に従来の従量電灯Bプランとの比較の場合には1000円以上電気代が安くなることが分かります。まずは電気の使用量を把握して、基本料金と電気量料金をかしこく比較することで最適なプランを選びましょう。

関東で選べる電力会社一覧

上で紹介した以外にも、東京電力供給エリアにおいてはたくさんの新電力が多様な電気料金プランを提供しています。以下にこれら新電力の例をまとめましたので、電気の切り替えを考えている方は参考になさってください。気になる電力会社があれば、上でしたように電気料金を計算して、現在の電気料金とどちらがお得か比較してみましょう。

また、「選択肢が多すぎて迷う」「自分で計算するのは面倒」という方は、複数の電力会社を簡単に比較することができるセレクトラの電気料金シミュレーションツールをご活用ください。

                        
関東エリアで供給している新電力の例
Looopでんき
Looopでんき Looopでんき基本料金ゼロ円、従量料金一段階のシンプルなプランを提供。極端に電気使用量が少ない方以外、東京電力の従量電灯プランと比べて電気料金が安くなる。電気使用量が多いほどお得度が大きくなる。都市ガスとまとめると電気代が2%割引される。
CDエナジーダイレクト
CDエナジーダイレクト CDエナジーダイレクトはは中部電力と大阪ガスが設立した新電力。ベーシックでんきなら東京電力の従量電灯プランと比べて必ず安くなる。電気使用量が多い家庭ならファミリーでんきがお得。都市ガスも提供しており、セットにすると電気代・ガス代が0.5%割引になる。
東京ガス
東京ガス 東京ガスの「ずっとも電気」は電気使用量が多いほど東京電力の従量電灯プランと比べてお得になる。都市ガスとセットで毎月270円割引が適用。
リミックスでんき
リミックスでんき リミックスでんき東京電力の従量電灯プランより電気料金が5%オフになるプランを提供。電気の使用量が少ない人でも必ず安くなる。
エルピオでんき
エルピオでんき プロパンガス会社のエルピオが提供するエルピオでんき東京電力の従量電灯と比べてお得な定額プランが充実。プロパンガスとセットで毎月100円割引。
ソフトバンクでんき
ソフトバンクでんき ソフトバンクでんきの「おうちでんき」は、インタ―ネットやモバイルプランとセットにすることで割引になる。通信費が1回線につき100円割引(最初の2年)になり、電気料金が東京電力の従量電灯プランと比べて1%安くなる。再生可能エネルギーを多く使った「自然でんき」も提供。
あしたでんき
あしたでんき あしたでんきの「標準プラン」は基本料金ゼロ円、従量料金一段階のシンプルプランで、電気使用量が多いほど東京電力の従量電灯プランと比べて割安になる。700kWh以上使用の方にお得な「たっぷりプラン」も用意。
J:COM
J:COM ケーブルテレビのJ:COMが提供する新電力。同社のインターネットやモバイルプランなどとセットにすることで、最大総額12,000円割引になる電力セット割がある。新電力には珍しく、オール電化対応のプランあり。
親指でんき
親指でんき 親指でんきの「いいねプラン」は基本料金ゼロ円、従量料金一段階のシンプルな構成で、電気使用量が多いほど東京電力の従量電灯プランよりお得になる。他にもペットがいる家庭向け、ゲーマー向けプランなど、ユニークなプランを提供。
ENEOSでんき
ENEOSでんき 月120kWh以上使用する場合、東京電力の従量電灯より電気料金がお得になるENEOSでんき。ENEOSカードの利用者にはガソリン・経由・灯油割引などの特典がある。
HTBエナジー(HISのでんき)
HTBエナジー(HISのでんき) HTBエナジー(HISのでんき)は、使用量が少なくてもお得になりやすいプランを提供。契約アンペア容量に応じて東京電力の従量電灯プランより従量料金が2~8%お得になる。
楽天でんき
楽天でんき 楽天でんきは基本料金ゼロ円、従量料金一段階のシンプルプラン。東京電力の従量電灯プランと比べて電気使用量が多いほどお得度になりやすい。電気の使用で楽天ポイントが貯まる
Updated on