Looopでんきのお申込みは今がチャンス!

沖縄・離島を除く全国で利用できる基本料金無料のLooopでんき
2020年4月30日(木)までのお申し込みで、2,020円分のQUOカードPayを申し込み者全員にプレゼント!
- さらに申し込み者の中から抽選で5人に1人、5,000円分を追加でプレゼント!
- このまま申し込めばOK。あとはQUOカードPayが届くのを待つだけ。

・対象プラン:おうちプラン/ビジネスプラン/動力プラン ・対象者:個人名義でお申込みの方(法人名義は対象外)
・お申し込みには検針票をご準備ください。お客様番号が分かると申し込みがスムーズです。

夏の冷房代 | エアコンと扇風機の電気代はどれくらい?やっぱり併用すべきなの?

暑い日が続く時のエアコンのひんやり感は捨てがたいものがありますが、電気料金の負担増を考えると、少しでも電力消費を減らすようにしたいものです。扇風機とエアコン、それぞれどのくらい電気料金がかかるものなのか?そして、やはり効率よく部屋を冷やすには併用が効果的なのかを考えます。

消費電力(W)が分かれば電気代は計算できる

エアコンや扇風機を含めどんな電化製品でもその電化製品の消費電力(単位はW:ワット)が分かれば、1日の電気代そして月の電気代は自分で計算することができます。

「何時間その電化製品を使うか」、また「1kWhあたりの料金単価」も計算に必要な情報ではありますが、これらはすぐに準備ができる情報です。まずは計算したい、電化製品の消費電力を調べましょう。消費電力は電化製品のラベルに記載してあります。見つからない場合は、取説や仕様書を確認してみましょう。

消費電力が分かったら、その消費電力(W)に、その電化製品を使用する時間を掛け算し、1kWhあたりの電気料金をまた掛けるだけです。(ただし、消費電力はW:ワットが、電気料金にはkW:キロワットが使われていますから、単位を揃えるために1000で割り算をします。1W=1000kWです。)この方法を利用すればどんな電化製品でもだいたいの電気代をシミュレーションすることが可能です。

自分で計算するのは面倒、とりあえずだいたいのエアコンと扇風機の電気代を知りたい、という方は以下からの記事を参考にしてください。ただし、エアコンの消費電力は、各エアコンによって異なります。より正確に電気代を把握したい場合は、その電化製品の消費電力(W)を確認することが推奨されます。

エアコンにかかる電気代

エアコンの消費電力は、外の気温や室内の温度設定、エアコンの省エネ度、冷房したい室内の広さなどによって、様々に変化します。経済産業省が紹介している省エネ型エアコンの冷房期間における消費電力をみると、最も省エネパフォーマンスの高いエアコンでも455W、平均すると591Wとなっています(冷房能力を2.5kWとした場合)。

ここでは、仮に消費電力が455Wの省エネ型エアコンを例にとって電気代がどれくらいかかるのか考えてみましょう。1日の使用時間を12時間として計算をしてみます。ここでは1kWhあたりの電気料金が25.91円だったとします。

エアコン冷房にかかる電気料金
単位 料金(円)
1時間あたり 11.80
1日あたり 141.50
1カ月あたり(30日計算) 4,244.00
1季節(3カ月)あたり 12,732.20
1年あたり 50,929.00

もちろん1日の冷房時間がさらに少なかったり、冷房する部屋が狭ければさらに冷房代は減りますが、反対に居間だけでなくその他の部屋もそれぞれエアコン冷房する場合は、冷房代は数倍に膨れ上がります。したがって、使用頻度や時間の違いを加味しても、1カ月の冷房代を2,000~3,000円未満にまで落とすことは、よほど節電努力をしない限り、難しいことがわかります。

1kWhあたりの電気料金は電力会社によって異なる1kWhあたりの料金単価の安い電力会社にすることで、毎月の電気代を安くすることができます。

扇風機の電力消費量

エアコンが省エネ型であっても数千円の負担になる一方で、扇風機の電力消費量をみると、エアコンのほぼ10分の1以下、30~45W程度です。DCモーター扇風機だと、消費電力はほぼ半分となります。消費量を37Wとして1日12時間使用する場合、以下の様な数値が得られます。

扇風機にかかる電気料金
単位 料金(円)
1時間あたり 1.00
1日あたり 11.50
1カ月あたり(30日計算) 345.00
1季節(3カ月)あたり 1035.40
1年あたり 4,141.00

扇風機の方がエアコンより断然低いことがわかります。これは扇風機の消費電力(W)がエアコンよりもずっと小さいことが理由です。

エアコンと扇風機は本当に併用すべき?

夏場の電気代の節約のためには、エアコンと扇風機を一緒に使うのは、おススメです。よく耳にするこの「エアコンと扇風機の併用」技は決して根拠のないものではありません。以下ような理由によりエアコンと扇風機を併せてうまく使うことが推奨されているのです。

エアコンを無駄に働かせないために有効

暑い空気は上へ冷たい空気は低いとところへ行く性質があります。(気体は温度が上がると体積が膨張します。膨張すると密度が低くなり、軽くなり上へ行くため。)このため、エアコンの冷房を聞かせても、部屋の上下で温度が異なります。

足元は十分な涼しさにも関わらず、エアコンが上部の暑い空気を基準にして、設定温度まで部屋を下げようとがんばってしまい、無駄な電気を使用してしまうことがあります。

ですから、この温度のムラをなくし、効率よくエアコンに機能をしてもらうために、扇風機を利用して空気をかき混ぜてもらうのは非常に効果的なのです。

また、このように自然と冷たい空気は下におりてきますから、エアコンの風向きの角度は、水平か上向きにしておいて問題ありません。

風が体にあたると涼しく感じるから扇風機はおすすめ

風が体にあたると、温度はそのままでも涼しく感じます。ですから、扇風機で体に風をあてて体感温度を下がるのも効果的です。

また、エアコンの風量を強くすることでも、同じような効果を得ることができます。

設定温度はそのままに、暑がりの人には、扇風機を利用してもらうことで、寒がりの人とも同じお部屋で共存できるのではないでしょうか。

少し遠い場所へも扇風機で冷たい風を流せる

エアコンの空気が届きにくい場所にいる場合などは、扇風機でエアコンの送風方向と送風パワーをアシストしてもらいましょう。扇風機のおかげで、エアコンがない隣の部屋などにも冷たい風を流すことができますよ。

このように扇風機はエアコンと併用することで効果的に部屋を冷やしてくれる非常に力強い味方なんですね。

電力会社の切り替えで夏の冷房代を削減

エアコンと扇風機を併用することで、電気代が比較的かかるエアコンを無駄遣いすることなく、効率的に部屋を冷やすことがわかりました。

一方で、このような節電対策をしていても、やはり「夏の冷房代は高い、もっと安くしたい」という方もいるかと思います。この場合、電力会社を切り替えることで、冷房代(電気代)を下げることができるかもしれません。

というのも、電力自由化から数年経った今、たくさんの電力会社(新電力)が電力市場に参入して、大手電力会社のスタンダードなプランよりも割安になるような電気料金プランを提供しているからです。

どの新電力のプランが最も安くなるかは、それぞれのご家庭の電気使用状況によって変わります。そのため、自分が契約中のプランと毎月の電気使用量を検針票などで確認しましょう。そのうえで、新電力の提供しているプランと比較を行います。以下に新電力の例をまとめたリストを掲載しますので、電気の切り替えに興味のある方は参考にご覧ください。

また、セレクトラの電気料金比較ツールをご利用いただくと簡単に電気料金プランの比較ができます。ぜひご活用ください。

  
新電力の例
Looopでんき
Looopでんき Looopでんき基本料金ゼロ円、従量料金一段階のシンプルなプランを提供。極端に電気使用量が少ない方以外大手電力会社の従量電灯プランと比べて電気料金が安くなる。電気使用量が多いほどお得度が大きくなる。
・供給エリア: 全国(沖縄除く)
ソフトバンクでんき
ソフトバンクでんき ソフトバンクでんきの「おうちでんき」は、インタ―ネットやモバイルプランとセットにすることで割引になる。通信費が1回線につき100円割引(最初の2年)になり、電気料金が大手電力の従量電灯プランと比べて1%安くなる。再生可能エネルギーを多く使った「自然でんき」も提供。
・供給エリア: 全国(北陸除く)
リミックスでんき
リミックスでんき リミックスでんきは大手電力会社の従量電灯プランより電気料金が5%オフになるプランを提供。電気の使用量が少ない人でも必ず安くなる。
・供給エリア: 全国(沖縄除く)
エルピオでんき
エルピオでんき プロパンガス会社のエルピオが提供するエルピオでんき大手電力会社の従量電灯プランと比べて割安な料金設定のプランを提供。プラン設定は地域ごとに異なるため要確認。プロパンガスとのセット割を提供している地域もある。
・供給エリア: 東北・関東・中部・関西・中国・四国・九州
あしたでんき
あしたでんき あしたでんきの「標準プラン」は基本料金ゼロ円、従量料金一段階のシンプルプランで、電気使用量が多いほど大手電力会社の従量電灯プランと比べて割安になる。700kWh以上使用の方にお得な「たっぷりプラン」も用意。
・供給エリア: 東北・関東・中部・関西・中国・四国・九州
エネワンでんき
eneone プロパンガス会社のサイサンが手掛けるエネワンでんき。大手電力会社の従量電灯プランと比べて割安な料金設定のプランを提供。プラン設定は地域ごとに異なるため要確認。プロパンガスとセットで月200円割引になる。
・供給エリア: 北海道・東北・関東・中部・四国・九州
HTBエナジー(HISのでんき)
HTBエナジー(HISのでんき) HTBエナジー(HISのでんき)は、使用量が少なくてもお得になりやすいプランが充実。大手電力会社の従量電灯プランより最大8%お得になる。
・供給エリア: 全国
楽天でんき
楽天でんき 楽天でんきは基本料金ゼロ円、従量料金一段階のシンプルプラン。大手電力会社の従量電灯プランと比べて電気使用量が多いほどお得度になりやすい。電気の使用で楽天ポイントが貯まる
・供給エリア: 全国
Updated on